また食べちゃった!テヘ!PMS・生理前の食欲の原因と対処法

ライフスタイル

毎月の襲い来るの厄介者「生理前の食欲増進」

食べたくて仕方ない!甘い物がやめられない!

あなたは生理前や生理期間中にこんな事に悩んでいませんか?
これって実は多くの女性も経験している事なのです。本来だったら美容のためにも過度な食欲は抑えたいもの。

誰もが感じる『食欲』ですが、今回はとくに体重や美容に影響する『生理前の強い食欲の原因と、抑えるための方法』をご紹介します!

 

生理前の食欲はホルモンの影響が

large

食べたくないのに食べてしまう… さっき食べたばっかりなのに…
こんな生理前の食欲には本当に悩まされてしまいますよね。

実はこのやっかいな食欲は排卵後の女性ホルモンと大きな関係があります。
また、食生活を見直すことで食欲をコントロールすることも可能なんです。

黄体ホルモンの影響で衝動的&太りやすいカラダに

排卵後のホルモンバランスで黄体ホルモンが優勢になると、食後の血糖値を下げる「インスリン」という物質が効きづらくなり、大量のインスリンを分泌することで血糖値を下げようとします。

しかし、大量のインスリンによって急激に血糖値が下がってしまうと、糖分を栄養としている脳が緊急信号を出して、血糖値を上げるために衝動的に炭水化物や甘いものを求めます。

すると血糖値は急激に上がるのですが、こんどはそれに対応するためにさらにインスリンが分泌されて血糖値が低い状態に戻ってしまいます。

この血糖値のコントロールできない状態は「機能性低血糖」と呼ばれ、食欲だけでなくPMSや更年期などの原因にもなります。

容赦のないインスリン

さらにこの大量分泌されるインスリンには、血糖値を下げるほかに「血液の中の糖分を脂肪に変える」という邪魔かつ重要な仕事を持っています。

つまり、生理中のあなたは糖分を求めやすく、さらに糖分が脂肪になりやすい地獄モードにいると言っても過言ではありません。

 

むくみやすいため太ったように見えます

large

生理前になると、ホルモンから体内に水分を溜め込むように指令が送られます

そうすると、体は自然と水分が増えて行き水分の代謝が悪くなり体重がその為に増加します。
生理前と最中で腕や脚がむくむのも水分が原因です。ほてりを感じる事もあると思いますが、水分が原因です。

どうして体に水分を溜め込もうとするのかと言うと、妊娠用の黄体ホルモンは排卵後の妊娠の可能性にあわせて体を妊娠用へと変化させます。

栄養と水分は妊娠の際には倍以上必要になりますので、生理が確定する前まで、ホルモンは妊娠準備を続けます。

 

食欲は止められる!暴かれる食欲の真実

large出典:weheartit

あなたに朝から晩までつきまとう食欲。最強のストーカーです。

すこしでも気を許せばついつい「もう食べない」と決めたものでも手を伸ばしてしまいます。
でもそんな食欲にコントロールされる毎日はもうおしまい。

この3つの方法を100%理解できれば食欲をコントロールできますよ!

 

驚愕!実はお腹は空いてなかった!

まず食欲に悩み続けているあなたに伝えたい衝撃の事実があります。

あなたは本当はお腹が空いてなんていないんです

さっきどれだけ食べましたか?一日に必要なカロリーは知っていますよね?
手の皮を引っ張ってください。伸びますか?伸びるということは脂肪=生きるための栄養は蓄えられています。
本当の空腹というものは、よほどの運動や貧困状態でなければ日本では起こりません。

ではなぜ食べてしまうのでしょうか?
それはお腹が空いていて食事を求めているのではなく、血糖値が下がって糖分を求めているのです。

あなたは血糖値にコントロールされています

パン・パスタ・米・ラーメン・ケーキいわゆる糖質ですね。
これらの糖質は血糖値を急激に上昇させ、脳やカラダを血糖値中毒にさせます。

血糖値中毒になると、もっと血糖値が欲しくなり、血糖値が上がりやすい食べ物が無性に欲しくなってしまいます。

ランチや夕食の自分を思い出してみてください。
メニューを考えるときに脳が停止または衝動的に「これがいい!」となる瞬間はありませんか?
これは低血糖の状態、もしくは血糖値中毒によってカラダが衝動的になってしまったことにより起こります。

その結果、あなたは糖質を求め続けます。

 

ガセ食欲はこんな感じです

お腹が鳴った(胃が収縮してるだけです)

お昼だからお腹がすいた(習慣により血糖値を求めています)

やばい!スイーツに手が…ッ!(血糖値不足です)

とりあえず食べようかな(習慣&過食傾向)

 

上記はガセ食欲の傾向が強いものです。
食欲が悪いとは一切思いませんが、必要以上の食事・ガセ食欲はカラダに脂肪や生活習慣病をもたらし、あなたにマイナスの影響を与えます。

血糖値の変化をなるべく抑えて、必要な量の食事を心がけましょう。

 

血糖値は3日我慢すれば比較的安定する

large

普段から糖質の高いものを食べ続けていると血糖値の波は非常に荒くなります。
しかしながら3日程度食事の内容を変えると、血糖値は比較的安定します。
*糖尿病の方を除く

血糖値の変動が安定すると衝動的な食欲はだいぶ抑えられます。
そればかりか血糖値を抑える食生活を続けると、食後の眠気やカラダのダルさも解消され、お肌のツヤも良くなります。

 

血糖値を3日間下げましょう

large出典:weheartit

血糖値を下げる食生活に重要なのはサラダと低GI食品です。
また食べ物を口にする回数を分散させることで、血糖値の上昇をさらに抑える事ができます。

新しい一日のはじまり

まずは明日の朝はソイジョイを食べましょう。
最近出たサクサクのが歯応えのあるクリスピーがおすすめです。

お昼サラダを目一杯食べましょう。パスタサラダはダメですよ。
サラダ+低GIのブランパンやソイジョイを食べることで血糖値の上昇を穏やかにします。

おやつにソイジョイを食べましょう。
最近出たサクサクのが歯応えのあるクリスピーがおすすめです。

 

晩ごはんは炭水化物以外でしたら何でも大丈夫です。
でも最初はサラダを食べてください。

夜どうしようもなくお腹がすいたらソイジョイを食べましょう。
最近出たサクサクのが歯応えのあるクリスピーがおすすめです。

栄養管理は慎重に

栄養が足りない場合はサプリメントでビタミンとミネラルを補給してください。
1日目安の倍の量を飲むことが大切です。
排卵後の女性は普段とは比べ物にならない量のビタミンとミネラルが必要です。

最近の野菜は土壌の栄養が不足していることが多く、また加工食品などは添加剤や調理後時間が経っているなどの理由で、栄養が失われてしまっています。

結果として食べ物をお腹に入れているだけ。という無意味な状態に陥ってしまうと血糖値の思うツボです。
天然由来かつ吸収効率のよいサプリメントなどで栄養補給は大切です。

3日続けると不思議と食欲が落ち着く

このように血糖値を意識した食事を続けると、不思議と食欲のペースが落ちてきます。
これまであなたがいかに「血糖値」に食事をコントロールされていたかがわかるようになるでしょう。

しかしながら必要以上の節制もカラダを害しますので気をつけてください。
自分に必要なカロリーや目標体重に必要なカロリーを計算して、食事+運動で健康的な生活を心がけることがカラダにもホルモンバランスにも最適です。

 

サクサク血糖値のまとめ

なぜ私たちは三食食べると偉いのでしょうか?
栄養の吸収効率が高ければ、三食もいらないというか、三食って動かない人の場合は明らかに過食気味になってしまいます。

日本人も古来は1日2食だったのですが、いつからか飽食時代になり、それが人々の健康を害するような結果にもつながっています。

もちろん、年齢による適正な食事の量や、日頃の生活から不足する栄養素等は自分で把握して調整することも大前提ですけどね。

朝ごはんを食べるのは偉いですか?
その健康と習慣は血糖値に支配されているのかもしれません。

The following two tabs change content below.
タイトルとURLをコピーしました