2ヶ月半で結果的に10kg痩せてしまったという雑記

ライフスタイル

10kg痩せるのは案外簡単だった。

こんにちわ。
HAREBAREでホルモン研究しているMIYAMOTOです。

今朝、体重計に乗ってみると2ヶ月半前とくらべて体重が-10kgとなっていました。
いままでダイエットとなると挫折続きだったのですが、今回はスルスルと体重を落とすことが出来ました。

それはなぜかと回想するとともに、そんな経験が誰かの参考になればなぁという思いで雑記としてまとめてみます。

ずっと痩せたかったけど痩せれなかった

まずは痩せる前のMIYAMOTOのスペックをご紹介します。

性別:男性
年齢:30代
身長:176cm
体重:78kg
好きな食べ物:ラーメン・からあげクン・甘いもの・ファンタ

TANITAの体重計では軽肥満とレベルでした。
内臓脂肪測定の結果は11.0でこちらも肥満気味。

好きな食べ物を見ていただけるとわかるのですが、学生が好きな食べ物を引きずったまま大人と呼ばれる年齢に達しました。
昔は「ラーメンと丼」という糖質の塊のような食事でも体重は一切増えませんでした。
しかしながら20代後半くらいからだいぶ脂肪が付いてきました。これはみなさん一緒でしょうかね。

largefatboy slim You’ve Come a Long Way, Baby(アフィじゃないです)

急激に体型が変わったり、顔に脂肪がついたりなどして30歳くらいから自分に自信がなくなったりもしました。
と言いますのも、私はもともと超痩せ型体型で、大学時代などは176/58kgという細身だったので、20代後半からまわりに「え?どうしたの?」「デブ」「デブ」「デブ」などと心ない励まし・応援・声援を浴び続けたのです。

何度も一念発起して食事制限や筋トレなどに挑戦しましたが、神により与えられた才能である「三日坊主」が継続を許してくれませんでした。
そんなわけで体重は増え続け、数年後には+20kgという大台に乗っていたのでした。

 

痩せる気がないから痩せてしまった

さて、なんどもダイエットに挫折したり飽きたりした私がなぜ、ダイエットを続けることが出来て、さらに10kgも体重を落とすことが出来たのでしょうか?

痩せることはもう諦めていた

今回の成功ダイエットとこれまでの失敗ダイエットを比較すると、違いは「痩せる目的ではじめたかどうか」というポイントだけでした。

つまり「体重の増減を気にせず続けることが出来た」のが一番重要なことかもしれません。
確かにダイエットに本腰をいれても、自分では頑張ったはずなのに数値に反映されないととても虚しくなります。

これまでのダイエットでも体重計に乗るたびに「はぁ?無理じゃん」となり、結果的に嫌になってしまって辞めていたのかもしれません。しかし、今回のダイエットはきっかけ自体がカラダの変化を実感しやすかったので、難なく続けることができました。

 

ダイエットのきっかけは「PMSの研究」

今回私が痩せてしまったきっかけは「PMSの症状改善の研究」でした。
PMSの症状改善とダイエットになんの繋がりが?と思われるかも知れませんね。ちなみにそのとき私が研究していた症状は「PMSの強い眠気」でした。

この「PMSの強い眠気」は女性の陥りがちな低血糖症と、脳内の安定物質であるセロトニン不足が大きく関係しています。

実は私も+20kgというワガママBODYをGETした結果、非常に血糖値が上昇しやすくなり、食後の体温上昇と眠気に非常に悩んでいました。いわゆる糖尿の一歩手前の状態でした。

ただ仕事中に寝てるのがバレたくなかった

私は仕事中によくウトウトしていました。とくに2時~4時すぎまでの2時間の眠気が非常に強く、眠気とは頑張って戦っているつもりでしたが、実は眠気と戦っていたのは夢のなかだったという事も少なくありませんでした。

人の気配を強く感じると「はい!寝てません~!目を閉じてただけです~!」という態度に変わるのですが、もう毎日そんな感じだとさすがにマズいわけです。

しかし私は、PMSの研究の中で衝撃的な事実と出会うのです。そう、それは食後の眠気は私が悪いのではなく、血糖値とインスリンが脳を冬眠状態にしており軽い気絶状態であること。
またストレスによりセロトニンの分泌が減ることで、眠気が強くなりやすいことも判明したのです。

 

号外です!号外!
私は声を大にして血糖値と脳内物質が食後の眠気を強くするという情報を社内で共有しました。さらにこれまでの私の眠気に関しては、私が悪いわけではないという事を全員が納得するまで強く訴えました。皆、舌打ちしながら首を斜めに振ってくれた事に感謝です。

 

お昼寝のない無慈悲な社会と戦うために

さて、お膳立ては整ったところで、私はいわれのない疑いと戦うために作戦を練ることにしました。そもそもお昼寝なんて未就学児童でもやっています。あまりの不遇にペンを握る手が小刻みに奮えます。

今回の作戦の概要はこうです。
1.セロトニンの量を増やす
2.食後の血糖値の上昇を抑える

作戦1 セロトニンの量を増やす

まずはセロトニンを増やして睡眠時間を正しくコントロール可能な状態にします。
じつはセロトニンが不足すると、睡眠をコントロールするホルモンが不安定になり、体内時計が狂いやすいのです。ちなみに私は睡眠障害で入院したこともあるプロ睡眠障害者です。

セロトニンを増やすために必要な行動は3つ。
・セロトニン生成のために太陽光を浴びる(体内時計も修正されます)
・腸を健康にする(セロトニンの多くは腸内で作られます)
・リズム運動をする(一定時間続けることでセロトニン分泌)

というわけで総合的に考えた結果「朝とか夜に歩く」という選択をしました。

 

歩く時間は1週間に3回くらい40分以上歩く。雨とか気が乗らなかったら苦渋の決断で歩かない、嫌な日は逃げて良いという大変厳しいルールも設けました。

ウォーキングは歩いてから30分くらいでドーパミンが出て、40分くらいでセロトニンが分泌されます。また、有酸素運動によって腸の運動が活発になるため、腸内環境にもお通じにも非常に良いのです。

ちなみにですが、ウォーキング中の音楽はある程度リズミカルなものがおすすめです。リズミカルな音楽は、ウォーキングで作り出す体内リズムをサポートし、分泌効率を高めます。
脳内物質の分泌にはリズム運動の一定時間の継続が必要で、3分以上運動の停止状態があったり、断続的にペースが乱れるとセロトニンの分泌に必要な時間が増えてしまいます。

 

作戦2 食後の血糖値の上昇を抑える

次に食後の血糖値の上昇を抑え、分泌されるインスリンの量を減らします!

急激な血糖値の上昇は大量のインスリンを分泌してしまい、血中の糖分を速やかにエネルギーとして脂肪に蓄えます。要するに太るわけです。
また血中の糖分が急激に減ると、脳はガソリンを失い軽い気絶になります。これが食後の耐え難い眠気です。

低GI&食事回数を増やした

そこで急激な血糖値の上昇を抑えるためには、血糖値の急激な上昇の元を断ちつつ、緩やかな上昇を癖付けなければいけません。

急上昇を抑えるためにはまず、小麦や米などの炭水化物・糖質を極力減らします。
米・パン・麺などの食品は糖質を多く含むため、血糖値を上昇させてしまい、結果的にインスリンも多く分泌します。
血糖値の上昇が少ない食品(低GI)を意識的に選ぶことで、血糖値の上昇癖を修正することができます。

 

また空腹時の大量の食事も血糖値を強く上昇させますので、食事の回数も複数回にわけ、緩やかな血糖値の上昇が複数回起こるようにしました。

具体的には食事は1日に5回で、朝食(ウインナーや果物)午前11時頃(低GI菓子)お昼(サラダと低GIパンなど)15時(低GI菓子)夕食(好きなもの)というようなスタイルでした。

ポイントとしては夕食が結構自由で、ラーメンも焼肉もお酒もなんでも食べました。
ただし、ラーメンも野菜増しで野菜を先に食べたり、焼肉もサラダを先に食べてライスは付けないなど極力血糖値の上昇は意識しました。
炭水化物も食べていいけど、その前に他のものでいかにお腹を満たせるかが重要ですね。

 

数日で眠気がだいぶ収まった

最初はお腹が空いたりと苦しかったのですが、結局お腹なんて空いていなくて血糖値が下がってるから上げようとしているだけだと言い聞かせました。

3日くらいすると血糖値が安定してくるので、食欲がだいぶ抑えられました。
食欲は空腹よりも、脳が糖分を過剰に求めている糖分依存の方が大きいのかなぁなんて実感もしました。

運動+低GI生活をし始めてから3日くらいで眠気に対しても変化が現れました。
以前ほど抗えない眠気ではなくなり、ちょっと眠いかなぁくらいに眠気も抑えられました。
もう会社に対して「なんでお昼寝の時間がないんだ!」なんてゴネる必要もありませんね。なぜなら私は、もう大人ですから。

それと運動をしている時間に色々と落ち着いて考えたり、発想できたりと脳の整理に役立っています。これは自律神経がバランス良く活性化されているなぁと感じることが出来ます。
また、運動をしていることでストレスが解消される点や、睡眠の質の向上・寝起きの良さが副産物としてかなり大きかったです。

 

おまけで体重も落ちていた

そんなこんなで健康的に眠気と戦いつつ、充実した毎日を過ごしているたところ急に熱い眼差しでこう言われたんです。

「あれ?最近やせたね」

「最近ダイエットしているんですか?」

「すみません、芸能界に興味ありませんか?」

「素敵な幸運の壺に興味はありませんか?」

 

体重計に乗ってみたところなんとびっくり、体重が1ヶ月で5kgも落ちていました。
驚いたというよりも血糖値と体重の関係に感心してしまい、さらに血糖値と糖質に気をつけるようになりました。

そして本日(2016/08/24)体重計に乗ってみたところ、見事に10kgの減量に成功していました。しかしダイエットをするつもりはなかったので、減量成功なのかどうかはわかりません。
ただ健康的になったことは非常に喜ばしいことですし、逆に異常な眠気や頭のもやもやが不健康から来ていたこともわかりました。

 

さらに排卵後の女性と肥満の関係や、女性が太りやすくなってしまう原因をカラダで感じて数字で見れたこと、機能性低血糖は食事の改善で抑えられることなどが身を持ってわかったことも大きな財産となりました。

これから低血糖の説明をするときには説得力マシマシでお話できますね。
この度はくだらない話にお付き合いいただきありがとうございました。
健康な毎日をお過ごしくださいね。

The following two tabs change content below.
晴れ太

晴れ太

女性のホルモンをハーブで整える研究をしています。 HARE BAREのMANAGERです。 趣味は料理とウォーキングで、野菜中心の生活に2018/02/13から変えました。その後、ストレスからアルコールと薬依存になりましたが、2018/09/10からアルコールは付き合い程度。 NAPS(国際PMS協会)研究会員 NAMS(北アメリカ更年期協会)研究会員
タイトルとURLをコピーしました