あなたのPMSと更年期を重くする3つの理由

ライフスタイル

あなたのバランスはなぜ乱れているか

PMSや更年期は「ホルモンバランスの乱れ」によって起こりますが、なぜ乱れるのでしょうか?

人によって”症状”や”重さ”が違うように、ホルモンバランスが乱れる要因も異なります。

さて今回の記事では、ホルモンバランスを乱す3つの病気についてお話します。

 

大人の女性はだいたい併発している

large
出典:weheartit

私たちはホルモン研究チームですので、PMSや更年期の女性と接する機会が非常に多いです。

お話の中で具体的な症状についても伺いますが、お話くださる症状の中には、PMSや更年期が原因ではないものが高確率で含まれています。

特に症状の重い女性ほどその傾向は強く、併発している数も多かったりします。

 

そして、このPMSや更年期が原因ではない症状こそが、実はホルモンバランスを大きく乱し、PMSや更年期を重くする原因ともなっているのです。

 

炭水化物病・ストレス病・鉄不足貧血病

large
出典:weheartit

ホルモンバランスを大きく乱す原因は、生活環境の中に大変多く潜んでいます。

何気ない行動や食生活が、あなたの症状を重くしているかもしれません。

それではPMSや更年期の女性が、よく併発してしまう症状を簡単に見てみましょう。

 

空気の読めないホルモンを乱す三つの病気

炭水化物病 – 本名は低血糖といいます。
食事の糖分が原因で、イライラ・うつなどの気分障害や眠気を連れてきます。

 

ストレス病 – 本名は副腎疲労症候群といいます。
原因不明の疲れや、午前中に元気が出ないなどの症状はコイツが原因だったりします。

 

鉄不足貧血病 – 本名は鉄欠乏性貧血といいます。
頭痛やうつ、思考・記憶関連の症状を連れてきます。

PMS・更年期の原因にも、重くする要因ともなる

上記の3つの症状は、ホルモンバランスを乱す原因になりやすいものです。

PMSや更年期の女性が、これらの症状を併発している可能性は90%を超えます。

 

多い方から順に、鉄欠乏>低血糖≧副腎疲労となりますが、これらの症状は概ね併発している場合が多く、3つ併発している事も少なくありません。

それでは、それぞれがどのような症状か、簡単にご紹介します。

 

 

#1.低血糖(機能性低血糖)

large
出典:weheartit

機能性低血糖とは、食事などの要因によって血糖値のコントロールができなくなる症状です。

名前を見ると糖尿病(高血糖)の逆かと思いってしまいますよね。

ちなみに血糖値とは、血液中の糖分の量であり、脳はこの血液中の糖分のみをガソリンとして動いています。

 

なぜ低血糖になるのか

低血糖の原因は炭水化物の摂り過ぎであることが多いです。血糖値を上げられる食品はほぼ炭水化物のみです。

炭水化物の摂り過ぎによって血糖値が大きく上昇すると、インスリンという物質が上がりすぎた血糖値を制御するために分泌されます。

 

%e4%bd%8e%e8%a1%80%e7%b3%96

 

通常であれば、そこそこのレベルまで血糖値が低下しますが、人のカラダはインスリン抵抗力(インスリンが効きづらい状態)を持ってしまう場合があり、その場合は過剰にインスリンが分泌し、血糖値を下げすぎてしまいます。

脳は急激に落ちた血糖値を戻すため、糖分の補給を要求し、さらにアドレナリンなどを出して血糖値を上げようとします。

 

すると再び血糖値があがり、インスリンが過剰分泌され、血糖値が大きく低下します。
この血糖値のコントロールを失った状態が低血糖状態です。

排卵直後の女性は、黄体ホルモンの影響でインスリン抵抗値が上昇します。
生理中に食欲が増す原因のひとつが、この低血糖です。

 

低血糖の症状は?

低血糖の代表的な症状を見てみましょう

・衝動的に食欲がでる

・急に甘いものが食べたくてたまらなくなる

・食後に眠くなる

・太りやすくなった

・イライラする

・頭がぼんやりする

この他にも様々な症状がありますが、代表的なところは食に結びつくものが多く、低血糖を更に悪化させるような症状が多いです。

 

低血糖の注意点はどんなところ?

低血糖で注意するべきところは食事の内容です。

炭水化物メインの食生活ではなく、炭水化物を抑えた食事が好ましいです。
ビタミンB群も非常に大切ですので、ビタミンやミネラルの摂りやすい野菜中心の食生活がベストです。

 

また、重要なことは血糖値を上げないことですので、食事のまえに少しの間食を入れることで、食事の際の血糖値の急上昇を防ぐなどの食事法があります。

ウォーキングなども血糖値の安定に効果的です。

生活習慣がもっとも大切で、サプリや薬などで緩和することは難しい病気です。

 

 

#2.副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)

large
出典:weheartit

副腎疲労とは、体のバランスを調整しストレスからあなたを守る副腎という内臓が疲弊することで、元気がなくストレスに免疫のない状態が続いてしまう症状です。

特に原因不明の疲労感など、日常生活の原動力が著しく低下する症状が多くあります。

副腎疲労の女性の多くは低血糖にもかかっています。

 

なぜ副腎疲労になるのか

副腎疲労の原因の多くは長期または過度のストレスです。

あなたがストレスを受けると、副腎はそれに対応するために抗ストレスホルモン(コルチゾール)を分泌します。
このコルチゾールは無限ではなく、いちど減ると補充までに時間がかかります。

また副腎は、コルチゾールだけでなくさまざまなホルモンを分泌しています。
低血糖で名前の出たアドレナリンなどの神経伝達物質や、皮膚の炎症などを抑えるステロイド、女性ホルモンの一部なども副腎から分泌されます。

 

長期的や過度なストレスにより、副腎の処理能力を超えてしまうと副腎は疲弊します。

その結果、副腎は機能不全に陥り、ストレスへの対応や、体のバランス調整が出来なくなってしまいます。これが副腎疲労であり、体調や精神面に影響を及ぼします。

 

副腎疲労の症状は?

副腎疲労の代表的な症状を見てみましょう

・原因不明の疲労

・朝起きられない

・午前中は元気がない

・夜から元気になる

・やる気がでない

・物事に集中できない

・毎日に限界を感じる

・アトピーやアレルギーの症状が酷くなった

この他にも様々な症状がありますが、代表的なところは疲労や活力に結びつくものが多いです。

 

副腎疲労の注意点はどんなところ?

副腎疲労で気をつける点は、あなたのエネルギーを奪う要因(ストレス要因)に対処することです。

ストレスとは、他人からの受けるストレスのほかに、食品アレルギーや生活アレルギーも含まれます。そのほかにも、生活環境の変化や人生のイベントなども、きっかけになりやすいです。

ストレスは解消しないかぎり、蓄積することも重要な要素です。

離れられるストレスからは離れたり、受け身をとったりと、上手なストレス対応を心がけましょう。

 

 

#3.鉄欠乏性貧血(かくれ貧血)

large

鉄欠乏性貧血とは、体内と血液中の鉄分が不足している状態です。

これは通常の血液検査ではわからないため、原因不明の精神疾患で片付けられる場合もあります。フェリチン(体内の貯蔵鉄)の量を測定する血液検査が必要です。

血液中の鉄分が不足すると、体内の酸素の供給が滞ったり、神経伝達物質が作れなくなることで、さまざまな症状が出ます。

 

貧血にはいくつかのタイプがありますが、鉄欠乏性貧血(かくれ貧血)は女性人口の11~15%ともっとも疾患率の高い貧血です。
特に日本の女性の9割は鉄分が不足しており、日本の貧血率は先進国中最悪です。

 

なぜ鉄欠乏になるのか

鉄欠乏の原因は日本の食生活と、月経などによる出血です。

特に食事での鉄分補給は非常に効率が悪く、現代の食生活で女性に必要な量の鉄分を補給することは至難の業です。
日本人は男女ともに、1日の鉄分摂取量が基準値に足りていません。

 

日本以外の多くの先進国では、第二次世界大戦前後から、小麦粉などに鉄分を混ぜることが法律で決められています。(一部撤廃した国もありますが、再度入れるべきとの議論があります)

しかしながら、日本では鉄欠乏に対する国家的対策が行われていないため、結果的に日本人はアメリカなどと比べ4~5倍ほど、貧血率が高いのです。

 

鉄欠乏性貧血の症状は?

鉄欠乏性貧血の代表的な症状を見てみましょう

・頭痛や頭が思い

・うつ

・気分の落ち込み

・思考力の低下

・記憶力の低下

・冷え性

・めまい

・肩こり

・爪が割れる

以上が代表的な症状です。特徴的な症状もありますが、精神的な症状も多いです。

 

鉄欠乏性貧血の注意点はどんなところ?

注意点は食生活と症状の2つにあります。

1.食生活では摂取する鉄分の種類に注意してください。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄がありますが、ヘム鉄の方が吸収率が高いです。
非ヘム鉄の場合1~8%しか鉄分吸収できないのに対し、ヘム鉄の場合は10~30%の鉄分を吸収できます。また、ビタミンCと一緒にヘム鉄を摂取すると、効率が上がります。

 

2.症状ではうつ病や統合失調と診断される可能性があることに注意を。

潜在性鉄欠乏貧血の症状では、心療内科へ行ってくださいと言われるような症状が出ます。

しかし、精神安定剤などでは根本的な解決に繋がりません。
最初に鉄欠乏性貧血を疑うことは難しいかもしれませんが、長期的に回復していない場合は、フェリチンの測定をしてみてください。

フェリチン測定をしている病院は少数ですので、『フェリチン検査+東京』などで検索してみてください。

 

まとめ ほとんどは健康的な生活で改善する

PMSや更年期を重くする様々な症状がありますが、理想的な生活を送ることができれば、ほとんどの問題は解決します。

ただその理想的な生活は、手間もお金も掛かるかもしれません…
運動は出来ても、野菜を必要量、毎日買うのは不作だと非常に高価ですものね。

補いづらい栄養素はサプリメントなどを使っても良いかもしれません。
そちらの方が比較的安価で効率的です。粗悪品はダメですが。

 

HARE BAREはサプリもハーブティーも売っているチームですが、サプリもハーブティーも使わない生活がゴールですとお客さまにお話ししています。

理想的なライフスタイルはサプリやハーブに勝る、最高の治癒なんですよ。

 

今回は重要だけどあまり知られていない症状をお話しました。

あなたの周りに3つの症状で悩んでいる方がいましたら、是非ともお話してあげてください。

The following two tabs change content below.
タイトルとURLをコピーしました